万一のときに役に立つ防災グッズ by イクスネット
大切な頭を守る最新の携帯ヘルメット付き。避難の必需品がコンパクトに詰まった非常持出し防災セット防災士とのコラボで誕生した充実のセットです。
小さなお子様やご高齢者にも最適な非常持出し防災セット。ご家族の安全を守ります。避難にも、万一の避難先でも役立ちます。 

【セット内容】クッションキャップ(携帯ヘルメット)、非常持出バッグ、ダイナモ充電ライト、ラジオ(ライト付き)、マルチユースナイフ、リバーシブルアルミブラケット、非常用給水袋、ホイッスル(カラビナ付き)、レインコート、携帯トイレ、防災用ウエットティッシュ、マスク、カイロ、ハンディメディカル、軍手、防災の心得

使わないに越したことないが、使うときに本当に役立つ防災セット。

Life SAFETYの
非常持出し防災セット 
9,500(税込み)送料無料
数量:
充実のセット内容
防災,避難用品,地震,台風,洪水,非常,持出し,Life,SAFETY,ライフセーフティ,防災グッズ,防災ヘルメット,防災セット

地震や台風、異常気象などの自然災害で私たちの生活は、さまざまな危険にさらされております。
ご自身やご家族が、健やかに過ごすためにお備えください。

Life SAFETYの
非常持出し防災セット 
9,500(税込み)送料無料
数量:
置き場所を選ばないコンパクトサイズ
邪魔にならないデザインで、机の下や本棚、ベッドサイド、玄関などのちょっとしたスペースにスッキリ保管しておくことができます。

防災,避難用品,地震,台風,洪水,非常,持出し,Life,SAFETY,ライフセーフティ,防災グッズ,防災ヘルメット,防災セット

とっさのときにサツとつかんで持ち出せるので、お子様やお年寄りのいるご家庭にも最適です。

防災,避難用品,地震,台風,洪水,非常,持出し,Life,SAFETY,ライフセーフティ,防災グッズ,防災ヘルメット,防災セット


Life SAFETYの
非常持出し防災セット 9,500(税込み)送料無料
数量:
各アイテムはメーカーの仕様変更等により、デザインが変更となる場合がございます。また、在庫状況により、同等機能品、または上位機能のアイテムに変更させていただく場合がございますのでご了承ください。


 防災セットの置き場所は? 
まずは命を守るために「逃げる」。サッと持ち出せるように、荷物はコンパクトにまとめて玄関や寝室に置いておきましょう。
本セットの携帯ヘルメットをバッグから出しておくとスペースができます。必要に応じて水や食品、乾電池、履物などを追加し、すぐに持ち出せるようにしておいてください。
避難用の履物は、履き慣れたモノを用意してください。
 乾電池について 
乾電池を機器にセットしたまま保管しないでください。セットしたまま保管すると液漏れなどで故障の原因となります。
乾電池はバッグの前ポケットなどに多めに用意しておいてください。

 避難後のための備え 
避難後の生活のために非常用品を用意しておきましょう。

<例>飲料水、非常食、トイレットペーパー、ティッシュペーパー、カセットコンロ、トランプ など

備えの置き場所は、車の中や外倉庫などもおすすめです。万が一、家が倒壊した場合など、家の外に備えがあった方が取り出しやすいというメリットがあります。また、リスクを分散するために、一箇所にまとめるのではなく、複数の箇所に置いておくことをお勧めします。
水や食料は「最低3日分」できれば「1週間分」を備えておくのが目安です。普段から食べなれているモノ(水・レトルト食品・インスタント麺・乾麺・缶詰など)を蓄えておいてください。定期的の補充し、古いモノから順に消費するようにしてください。

飲料水の備え
「一人あたり3リットルが1日の必要量」とされています。消防庁や内閣府などのガイドラインでは「飲料水は1人1日3リットルを目安に3日分は準備するように」とされています。

4人家族で3日分の場合
3リットル×4人×3日=36リットル
の水を蓄えておいてください。

こんなにたくさんの水を1箇所に置いておくのは、万一その場所が崩れたりしたら全部使えない!などということになりかねません。そのリスクを回避するためにも、分散にて備蓄しておきましょう。

Copyright ©役立つ防災セットのLife SAFETY All Rights Reserved.
Yahoo!のポイントをご利用の場合
Yahoo!ショッピング店をご利用ください。